しとやか

先日から銀杏のことを深めていますが、この銀杏の樹があるところには薬師堂があることが多いように思います。薬師堂はもともと薬師如来を本尊とする仏堂の呼称といわれます。この薬師如来は大乗仏教 において病気平癒等の現世利益に効験のある 仏さまとして信仰されているものです。

薬師堂と合わせて観音堂というものがあります。これも観音様を本尊とする仏堂のことです。そこにも銀杏の樹が多く植えられているように思います。一説によれば観音像の渡来とともに僧侶によって持ち込まれたという説もあります。

イチョウの別名に「公孫樹」があります。この公孫樹の由来は中国語で「植樹した後、孫の代になったら実が食べられる樹」「孫の代になったら実のなる木」という意味で「公孫樹」となったとあります。

中国では古来から咳止めや下痢止めとしても薬として伝わったそうです。

薬師堂や観音堂の周囲にある銀杏をみると、懐かしさと共にどこか心の悲しみと静けさを感じます。特に秋の黄金色に輝きながら散っていく葉を眺めているとこの世とあの世の境目にいるかのようです。このイチョウ(銀杏)の花言葉は「長寿」「荘厳」「鎮魂」です。

特にこの「鎮魂」というのがしっくりくるのは、この銀杏の生い立ちや歴史がそう思わせるのかもしれません。この鎮魂はコトバンクを調べると「① 魂を落ち着かせしずめること。肉体から遊離しようとする魂や、肉体から遊離した魂を肉体にしずめること。また、その術。広義には、活力を失った魂に活力を与えて再生する魂振(たまふり)をも含めている。」とあります。

イチョウの樹にはどこかその魂を恢復させる薬効もあるのかもしれません。

そしてイチョウの木は老木になると「公孫樹の乳房」と呼ばれるように、乳柱が垂れ下がる特徴があるため、母乳が出ない婦人の信仰の木とされてきました。父母なる木として、その地域の森を守ってきたのかもしれません。

公孫樹の花言葉にもう一つ、淑やか(しとやか)があります。これは性質や動作がもの静かで上品であるさま。また、つつしみ深いさま。と辞書にはありますがまさにその雰囲気を感じます。

イチョウから学び、歴史から直観し、次の世代、時代に知恵を伝承していきたいと思います。

想いの本質

私たちは先人たちの想いを継いで今に存在しています。その想いを継ぐのは、血のつながりもあるかもしれませんがそれ以上に想いで繋がっていくものです。人の一生はあまりにも短く、あっという間に人生が終わってしまいます。

そういう意味では、みんな志半ばで斃れていくのです。だからこそ想いがあるのです。つまりこの想いで人が繋がっていくというのが想いの本質なのです。そしてそれは決して死んでしまったから終わるのではなく、死んでからも続いているものであり生きているから繋がらないのではなく、生きていても繋がり続けるのです。それが道ということでしょう。

人生は誰もが想いを持てば道半ばです。

私の今の取り組みも、多くの方々の想いが繋がって実になっているものです。そしてこの先もずっと同じようにあらゆる人たちの想いが集まってさらなる成果を結んでいきます。

そのご縁のつながりこそ、決して金銭では交換できないかけがえのない豊かさであり私たちの仕合せの本体ということでしょう。

もしもこの世に金銭がなくなったとして、何がもっとも大切だと感じるか。それは私は「ご縁」であると、そしてそのご縁を結ぶつながりの「想い」であると私は思います。

人は想いとご縁で結ばれているものであり、これが仕合せを積み重ねて未来を希望にしていくように思うからです。

だからこそどのような想いを日々に醸成していくのか、どのようなご縁を結び活かしていくのか、そして如何に豊かな幸福の場を創造し続けていくか。ここに生成発展の万象繁栄の根本があるように感じています。

想いは形がないものです。しかし想いこそ、いのちの発する偉大なかたちでありご縁こそそれを結ぶいのちの綱です。今でも目を閉じると、志半ばで去っていた人たちの想いが私に宿っているのを感じます。そして耳を傾ければ、この先の未来で私を待っている想いが溢れています。

子どもたちのためにも想いを力に換えて、私の役目を全うし道を切り拓いていきたいと思います。

滝場の甦生

故郷の古の滝場周辺の山道を切り拓いています。ここは平安時代には、日本全国に知れ渡るほどの修験場でしたが現在ではほとんど誰も人が来ない場所になっています。少し入るだけで、現世とはかけ離れたような清浄な空気が流れています。

今までどれだけの数の山伏や信仰のある方々がここを守ってきたか、それを想うとこの場所が多くの方々の人生を潤し役立ってきたことがわかります。現在は、滝も枯れ、鬱蒼とした木々が生え、誰もそこにはいくことはありません。

それを今一度、甦生させようということで鬱蒼とした木々を取り除き、草を刈り、人が踏み入れることができるようにし、枯れ木などを片づけました。

改めて場所を整えていくと、その当時の様子が少しずつ甦ってきます。枯れた滝がどのようにこれから甦生するのかはわかりませんが大雨が降るとかつての状態に戻っていきます。

枯れた理由は、自然現象もあるかもれませんがほとんどが人為的なものです。滝の裏側に大きな工事現場があり地下水の流れが変わってしまっているのかもしれませんし、もしかすると過剰な植林によって水が吸い上げられてしまっているのかもしれません。上流でダムができて流れが変わったかもしれません。これからその理由を探索していきますが、古の水の流れが変わってしまえばその場所の持つそのものの価値も変わってしまいますから甦生はその一つ一つを丁寧に恢復させていくしかありません。

私の取り組んでいる甦生は、医者のやっていくことに似ています。それも自然治癒をする医者です。できる限り、元の状態に戻していく。しかし周囲の環境が変われば、いくらそのものを甦生させてもなかなか元通りになることはありません。

だからこそ、創意工夫して元よりも善い状態になるように負の現状を逆手にとってそれを甦生させていくのです。そうして甦生したものに人は感動し、さらに新たな人を目覚めさせていくことができます。

お金にもならず儲からず、誰もやろうとしないことでも子どもたちや未来の世界のためにやることはたくさんこの世には存在します。それを発見し発掘し、それを発信し、発心する人を増やすこともまた大切な志事です。

引き続き、古来の滝場の甦生を通して日本人の心もまた甦生します。

遺志を静かに守る

人には運命があって寿命があります。人は今もいるのはそれを太古の時代から繋いできたからであり、そのいのちを紡いできたからです。見事に結びあってうまい具合に絡み合って今に至ります。

人生にはそれぞれにこれらのご縁というものがあり、そのタイミングが絶妙でまるでそれを最初から分かっていたように出会いと別れが訪れます。

これはおかしなことをと言うかもしれませんが、人生は仮定として最初からそうなっていると感じる瞬間があります。時がもしも前や後ろにいくものではなく、そもそもが「ない」ものとして想定したとしたら、あるものはこの「そうなっている」という事実だけです。

それを裏付けるものこそ、この絶妙なご縁が証明するのです。

私はこうなっている理由、周囲がそうなっている理由、それもすべてご縁がつくってきたものです。このご縁は、一期一会であり人が生まれてまた死んでいくように少しずつみんながズレていきます。ズレているはずなのに合致していくから人生はとても不思議なのでしょう。

そしてそれぞれに自分の人生を生き切り、その生き切る人生の中においてご縁があります。ご縁の正体はいのちそのものであり、私たちそのものです。

また人生の中で、ご縁があった方が昨日お亡くなりになりました。大変気魄のある方で、声の強さ、遺志の強さ、眼光の鋭さ、智慧の輝きを感じさせられるような素晴らしい生き様の方でした。

伝統を継いで伝承をするということは、ご縁をいつまでも大切にして自分のお役目を全うしていく生き方です。最期まで諦めず、信じて待っているからこそ新たな道は拓けていきます。

枝垂れ桜と共に、また春が訪れることを厳しい自然の中で待っていたことと思います。遺志が数百年の歴史を超えて今に至るように、それを養分として宇宙の輝きに決して劣ることのない一期一会の華を咲かせてみようと思います。

一期一会のご縁に心から感謝しています。

ご冥福を心からお祈りし、今度は私の出番だと遺志を静かに守ります。

 

台風の眼

また台風の季節が近づいてきました。自然の猛威が高まってきているので対策なども年々大変なことになっています。もともと地球は自転をしていますから風は吹いてきます。台風の仕組みもまた、この自転によって回転し上空の風に押されるように移動してきます。

もし地球が自転しなくなればどうなるかと思うとぞっとしますが、自転速度も太陽の周りを周回する速度も長い年月をかけて今の状態に変化してきたともいわれます。つまり私たちの地球は常に変化し続けていて同じ状態のままであることはないのです。

この世にあるものはすべて変化しないことはありません。私たちの身体も生まれてから老化していくように同じような日々であっても必ず小さな変化を繰り返していきます。

地球も季節も同じことはなく、その変化が著しい時だけ目に観えるだけで目に見えなくても変わり続けていると言えます。

例えば、自転の速度が変わってしまえば一日が24時間ではなくなります。そして公転速度も変わってしまえば一年の日数も変わってきます。そうなると様々な変化が起きて、自然界の生き物たちのリズムや季節感、そして海陸のバランスや風や水の流れもすべて変化していきます。

さらには、私たちのいる太陽系も銀河の中を猛スピードで移動しますからほかの星々との引力の影響なども受けていきます。私たちの人生の寿命があまりにも小さいために大きな変化を感じにくい状態ですがもしも数千年、数万年の寿命があれば膨大な変化を地球も宇宙もしていることを身近に実感することができるのです。

地球環境の変化に対して、色々なことがそれぞれで発信されます。しかし本当の環境問題は決してこのような地球の変化に対してどうこうではなく、人間がどう生きるのかということを環境のことに置き換えて語り合っているにすぎません。

今のままでいいのかということを、地球の姿から考え直そうというものなのです。

人間の身体で例えるのなら、台風があるというのは地球が呼吸をしているということでもあります。自転するというのは心臓が動いているということです。そして海流が循環しているというのは血液が流れているということ。植物たちや酸素は腸内でマグマは内臓すべての働きの根源です。そうやって人間と体との関係をリンクさせていく中で、何がもっとも健康を保つものか、そして変化に対してどう生きていくのかを地球の変化に順応しながら進化していこうとするのです。

地球には私たちにはすでに聞こえない音があります。地球の音です。これはNASAが衛星から地球の音を収録したものが動画にもアップされています。本当は聞こえていた音も、脳の機能で聞こえないようにカットされています。しかし私たちは常にこの地球の音を聴いて過ごしているのは真実です。

今一度、聞かなくなったものに耳を傾け、見なくなったものに目を向け、よく観てよく聴いて人類が目覚めを迎える日に向けて価値観を転換する時期が近づいてきています。

台風からも気づき、本当の生き方を見つめていきたいと思います。

微生物を尊重する

私たちの身体は微生物に覆われています。これは言い換えれば、私たちは微生物と共生し合っている微生物の一つともいえます。不思議な話ですが、この肉体を形成している私たちの身体は微生物抜きでは生きていくこともできませんから微生物でできているのです。

地球の生命にとってこの微生物は非常に重要な役割を果たしています。

私たち人類も、ここまで生き延びてくる過程で微生物も一緒に生きてきました。体内にも古くから受け継がれてきた微生物が大量に生存していますし皮膚などにもあらゆる種類の微生物が共生しています。常在菌、顔ダニなども常に体の油脂や様々な外敵から守るために掃除をしてくれています。

そしてこの微生物は人が人と接することで交換したり、増やしたり広げたりを繰り返しているのです。まさに人類と共に歩んだグレートジャーニーです。

最近は、殺菌や除菌、滅菌とアルコール消毒ばかりをしていますがこの身体のすべてを殺菌したら人間も死んでしまいます。それに人間に善い影響を与えている微生物を取り除いてしまったら病気になったりもします。

では何もしないでは感染症はどうするのかと考えますが、極端ではなく微生物を尊重して暮らしていけばいいと思うのです。コロナウイルスの特効薬として注目されているイベルメクチンも土壌の中の微生物の働きから発見されたものです。

微生物によって感染も置きますが、微生物によって治癒しているというのは古来からの原理です。この原理に立ち返って、如何に人体にとって共生しあっている微生物たちに任せていくか、その恩恵に感謝して力を借りていくかというところに未来もまたあるように思います。

過去から今までずっと私たちを守ってきたのは微生物です。

だからこそこれからも未来に向けて一緒に共生しあっていこうとするのが子どもたちのためにも必要だと私は思います。引き続き、微生物と対話して尊重しながらともにこの時代を生き延びていきたいと思います。

徳を歓ぶ

私は以前、九州西国三十三箇所を巡ったことがあります。この「九州西国霊場」は、1280年前の和銅6年(713)に宇佐の仁聞菩薩と法蓮上人により開創されたといわれます。これは延べ1100キロの九州西国の巡礼です。

もともと第一番の札所が英彦山の霊泉寺だったこともあり、33歳の時に巡ることにしました。この霊泉寺は江戸時代中期には800の坊舎と、山伏ら僧衆3000を擁したといわれ盛んに「彦山まいり」をしたといわれます。明治の山伏禁止令で荒廃したのち、英彦山修験道の法灯を再興するために巡礼を企画されたとお聞きしています。

思い返せば、今になって英彦山にご縁が深くなっていますが名前をこの先代の住職につけていただいてから何度も英彦山の麓で遊び、学び、年数を経てご縁を段々と深くしていき今に至っていることを感じます。

まさか自分がなぜと思っていましたが、他に誰もいなことを実感するとやはり自分だったなとも思います。

徳は、自分が積ませてもらえることを謙虚に感謝していく中で磨かれていきます。つい今の時代、やることばかりでスピード社会ですから仕事のように休暇を取りたいという気持ちもつい増えていきますが本来はメリハリであり、どちらも感謝と幸福を実感できる真に豊かな時間です。

巡礼というのは、札所があります。つまり巡礼者がいて、その巡礼者の参拝 のしるしとして、 札を納め たり受け取 ったりする所のことです。

札所巡りということは、道を歩んでいく中で何度も感謝と幸福を味わえる旅をするということです。これはまさに人生の豊かな歩み方であることに気づきます。今の時代は、あっという間のスピードで味わう時間もないくらいの速度で感謝や幸福を一瞬で楽しみます。余韻もないというのは、歩くスピードも速くなっているからです。

本当は、むかしの人たちが歩んできた速度でじっくりと人生を折り重ねながら心の平安を保ち、先人たちと同じように繋がって結んでいる神々との邂逅を歓んでいくことが祈りの醍醐味なのでしょう。

子どもたちにも、その徳を味わう歓びを伝承していきたいと思います。

信仰の原点

現在、英彦山の裏街道にあたる筒野権現の甦生に取り組んでいます。私の幼い頃に探検をしに来てからのご縁でその後はちょくちょくと何かがあれば来て参拝していましたがまさかここで深いかかわりになるとは思ってもいませんでした。

もともとこの筒野権現は、五智如来碑といって寿永2年(1182)勘進僧・円朝が建立した板碑があります。ここにある三基の板碑はそれぞれに梵字が刻まれ、一番大きな碑には5体の仏像が彫られています。平安時代のころには、全国に知れ渡るほどの英彦山に次ぐ一大修験場になり多くの山伏たちがここで修行をしていたといわれます。

この板碑の五智如来は、胎蔵界大日如来を中尊とし、無量寿、天鼓雷音、宝幢、開敷華王の五仏が列坐しています。そして五智如来の上方、円形の穴は金属製の鏡がはめ込まれていたといわれています。

今度、英彦山の守静坊の甦生をしますがそこでも祭壇には必ず上部に鏡を設置すると坊主の長野覚さんにお聞きしました。むかしからの信仰のかたちが、900年以上経ってもこうやって守られていることに信仰の神髄を感じます。

そもそもこの五智如来とは何かといえば、悟りの境地を示したものです。

具体的には、「宝幢如来」は東方(胎蔵界曼荼羅画面では上方 金剛界では西方が上方)に位置し「発心」(悟りを開こうとする心を起こすこと)を顕すといいます。「開敷華王如来」は南方(画面では右方)に位置し「修行」(悟りへ向かって努力を積むこと)を顕します。「無量寿如来」は西方(画面では下方)に位置し「菩提」(悟りの実感を得ること)を顕します。そして「天鼓雷音如来」は北方(画面では左方)に位置し「涅槃」(悟りが完成すること)を顕します。中央の大日如来は「虚空」(永遠の真理)を顕します。まさに宇宙の真理、万物の慈母ともいわれあらゆるものの原点を顕します。

これは私の解釈ですが、インドにはこれらの徳のあった人物が存在していてその人徳は5つの徳で顕すことができたということです。具体的な人物像として、この如来と呼ばれる人物たちがどのような境地を会得したかということを示すように思います。

大日如来はその四徳を兼ね備えたものであり、この五徳を会得してこそ真に魂が磨け、永遠という虚空の境地に入ることができるとしたのです。修行者は、その人徳を慕い、自らの心魂を錬磨し様々な行を実践して研ぎ澄ませていったのでしょう。その信仰の中心として行場があり、多くの導師や弟子たちがともに学び合ったように思います。

そしてその五徳の境地に入るためには、その心境の反対側の深い智慧を維持している必要があります。つまりは、空の境地に海の境地の和合のように相反するものを合一し一体化する智慧が守られている状態ということです。

徳の顕現した先ほどの五智如来には、同様に五大明王といって不動明王、降三世明王、軍荼利明王、大威徳明王、金剛夜叉明王があります。不動明王こそ、大日如来の化身といわれます。

不思議なことのように思いますが、その人物に徳が顕現するいうのはその根底には畏れや信心があるということです。これは地球の内部にマグマの躍動があって、私たちはこの地上の楽園を謳歌しています。そして大海原の潮流があってこそ、空の静けさと風があります。

このように私たちは森羅万象を通してこの世に徳を顕現する姿として人体もまた存在しているのです。徳を磨き、徳を顕現させていくことは、人類数千年の悲願でもあり、理想郷の一つです。

子どもたちのためにも、かつての信仰の原点を甦生させ未来へと結んでいきたいと思います。

本物の科学

私たちは今あるものをもう一度、科学で突き詰めていますが本来はそれは発見であって発明ではありません。私たちが発明したと思っているものは、すべてが既存にあるものの発見であって発明ではないのです。その証拠に私たちはいのちは科学でつくれませんが、いのちがどのように成り立つのかは発見することができます。

自然界、いや宇宙の真理というものを理解しても宇宙を創り出すことはできないということです。この道理に従っていえば、果たして今の科学的な進化は本当の進化であるのかと疑問を感じます。

道理から少し発見したものを、それをいじっては利用することでその部分は抜き出しても全体としては効果が失われていくものがあります。例えば、栄養なども同じですが一物全体で本来は過不足なくバランスよく心身の滋養になるものを一部だけ抜きっとサプリにしたらかえって全体の滋養が崩れてしまうという具合です。

私たちのわからない範囲にまで影響のあるものを、その一部だけを切り取って完璧であると思い込むところに人類の大きなミスが発生しているように感じます。本当の化学は、解明するよりも発見してその偉大さをそのまま活かすことではないかと思います。

むかしの人たちが、自然をそのまま活かすことを選択したように私たちも本当の意味で科学の真理に達して本来の活用へと原点回帰する必要があるように思います。例えばその活用の例は、漬物、天日干し、自然循環などの智慧も同様です。

これらの仕組みはまさに自然や宇宙の仕組みを活かしています。他にも、祈りの力や徳を積むことなども同様にこれは智慧の活用です。

自然に調和するようにと自然界は働きますからそれを邪魔しない、もしくはその循環を促進するようなものが活用であり本物の科学なのです。今の時代は、科学はわかる範囲だけを科学にしてしまい、活用も全体快適の方法ではなく部分最適ばかりで使われます。

人類がアップデートするというのは、原点回帰するということです。地球環境の変化が著しい今だからこそ、子どもたちのために勇気をもって舵取りをしていきたいと思います。

根源は免疫、原点回帰

私たちの身体には、免疫というものがあります。これは病原体・ウイルス・細菌などの異物が体に入り込んだ時にそれを発見し体から取り除いてくれるという仕組みのことです。そしてこの免疫には自然免疫と獲得免疫というものがあります。

まず自然免疫は、生まれつき体内に備わっている免疫の仕組みで元々古来から存在する機能です。これは発見した異物を排除する仕組みです。有名なものに好中球と、NK細胞、マクロファージがあります。このどれも、外部からのものをキャッチして食べて無効化していきます。

そしてもう一つの獲得免疫は、人生で病原体と接触した際に再び感染しても発病しないようにする仕組みのことです。この獲得免疫は、侵入した異物を排除するだけでなく記憶細胞という特殊な機能をもつ細胞に変化し記憶しています。そうすることで、いち早く発見し感染が進む前にキャッチして食べてしまうのです。T細胞とB細胞が有名です。

インフルエンザで例えると、ウイルスが口や鼻、喉、気管支、肺などに感染した場合はまず自然免疫のNK細胞とマクロファージ、樹状細胞などがウイルスをキャッチして食べて駆除しはじめます。そしてそれでも駆除できない場合は、B細胞、キラーT細胞という獲得免疫が今度は活動を始めます。具体的にはB細胞は抗体を作り、その抗体はウイルスにくっついて他の細胞に感染できなくなるといいます。

そうやって私たちの身体は自然免疫と獲得免疫の合わせ技で撃退してくれていたのです。無症状の人がいるというのは、この免疫系が働き無害化させているからということになります。免疫がきちんと働いているのなら、外部からの異物は正しくキャッチされ、駆除され記憶され、ずっと身体を守り続けてくれるのです。

これからコロナウイルスも様々な変異株が誕生してきますし、その都度、ワクチンを開発して対応ではいたちごっこです。私たちの身体は大量のウイルスに日々に晒されていますからやはり今まで生き残ってきた力を磨いていくのが一番です。

その方法は、食生活、運動、睡眠、精神や心の安静、という基本、また体質改善、生活習慣の見直しでできるはずです。つまり暮らしを整えていくのです。暮らしフルネス™は、これらのことを実践するためにも欠かせない智慧の仕組みです。

引き続き、子どもたちのためにも暮らしを見直して伝承していきたいと思います。