余韻を生きる

私は人生の中でよく「余韻」を味わうタイプの方だと思います。振り返りがとても好きで、楽しかった日はそのあとに訪れる余韻の方をもっと楽しみにしています。この余韻は、心の本音との対話の時間でもあり人生の豊かさを彩る記憶の数々です。

幼いころは、楽しすぎることを怖がり余韻を感じるのが苦手な方でした。それが次第に、内省を味わうことを続ける中で仕合せを噛みしめるようになってきて余韻を感じることが人生の醍醐味であると思えるほどです。

人生にはそれぞれの体験があります、喜怒哀楽、まさに感情が味わうセンスを高めて感受性を育てていきます。私たちの感情と心はそのままにつながっていて、感情が心に素直に影響を与え、またその逆も然りです。

心と感情が一致するとき、私たちは一体になった姿になります。まるで赤ちゃんの頃のような神人合一に近づくのです。

私が特にこの歳になって余韻を味わう時に仕合せを感じるのは、ご先祖様の存在を感じるとき、人の心の優しさやぬくもり、思いやりに出会う時、同じ道を歩む仲間に出会い、共に笑い、共に食べ、共に詠う時、当たり前の暮らしの中にある当たらり前ではないことを噛みしめるとき、また自然の美しさやいのちが甦り寿命が大切にされるときなどです。

歳を取ることが幸福に感じるようになったのは、道に学び、徳を磨き、愛を綴り、場を清める面白さで好奇心が止まらない日々を生きているからかもしれません。

もちろん疲れも苦労も心配も重労働もありますが、それもまた心地よく、それができることの有難さを感じます。

生きていることは素晴らしい。

そう感じるとき、私たちは余韻を生きています。人が人と出会い、時と出会い、場と出会い、魂と出会う、まさに余韻を生きる一期一会の生き方は、この世で懐かしい喜びを大切に寿命を全うしようとする太古からの意志を感じます。

子どもたちが憧れるような生き方や働き方を通して、遠大で悠久の夢を子孫たちが健やかに暮らしていけるように伝承していきたいと願います。

仲間との邂逅に感謝します。

幽室の友

昨日は、とても懐かしいと感じる友人が來庵して笑い楽しみ味わい深い一日を過ごすことができました。旅人たちが心落ち着けて一緒に語り合う時は、永遠のようでこの時間がいつもいつまでも記憶に残ってきます。

むかしはきっと、今よりもゆっくりと時を感じていて色々なことを持とうとせずにみんな手放して心のままに生きていたように思います。現代は、やることややらねばないことばかりでなかなか捨てていくことができません。

みんな我執を超えてはじめて素直に喜べますから、喧騒を忘れてありのままの心でいる時間は心の栄養になっていくように思います。

不思議なことに、踊念仏を実践して歩んだ空也上人や一遍上人のことを思い出しました。もちろん古い時代の方々ですから思い出したといってもお会いしたこともありませんし、よくはわかっていません。

しかし、その方々の生き様というものは心に共感するものが多くあり、今の時代の心の課題にも触れる妙薬のようなものをもっているようにも感じます。

一遍上人は、そもそもすべて捨て去って生ききっていましたから本当に何も残してはいません。旅をするように生き、心を開放してあるがままに捨て去り抜けきって念仏を唱え続けて世の中を歩んでおられた方です。空也上人を尊敬していたようで、同じ道を歩まれて多くの人々を導かれています。その一遍上人がこういうことを語っています。

「名を求め、衆を領すれば、心身疲れ、功を積み善を修すれば希望多し。孤独にして境界線上無きは如かず。称名して万事を投げ打つには如かず。閑居の隠士貧を楽しみと為し、善観の幽室(ゆうじょう)は静かなるを友と為す。藤衣(とうい)・紙衾(かみふすま)は是れ浄服(じょうふく)、求め易くして盗賊の怖れ 無し。」(一遍上人語録)

「念仏の行者は智慧をも愚痴をも捨て、善悪の境界をも捨て、貴賤高下の道理をも捨て、地獄をおそるる心をも捨て、極楽を願ふ心をも捨て、又諸宗の悟をも捨て、一切の事を捨てて申す念仏こそ、阿弥陀世の本願にもっともかなひ候へ」(一遍上人語録)

この二つは踊念仏の本質を語っている言葉であることがわかります。

今の時代、歴史に学び、まさにこの踊念仏の理念が必要になってきているのを実感します。あるがままにありのままにそのものが分かるというのは、善悪成否の境なくあるがままの自然の喜びをそのまま伝えることかもしれません。

心は本来の自己であるとき孤独の奥深さを感じるものです。古い日本の伝統的民家での暮らしは、まさに幽室の静かなる友です。そんな朋との出会いの中で様々なことを捨てていく機会は、心の養生になると感じました。

出会いを大切に、学びを無二にし、子どもたちの未来へ場を譲り渡していきたいと思います。

 

日本の智慧と習わし

本日は、遠方から来客があり聴福庵でうなぎ料理をすることになっています。うなぎは、とても美味しい日本伝統の料理の一つで私も大人になってから特に大好物になって栄養をつけたいときやゲン担ぎの時に食べることがあります。

今日は一年の中でそのうなぎを食べるのに適した「土用丑の日」ということになっています。2020年の「土用の丑の日」は、7月21日と8月2日の2回で21日の方は「一の丑」となり、2日の今日は「二の丑」といいます。

この「土用の丑の日」の「土用」とは何かというと暦の「立春・立夏・立秋・立冬」の直前18日間のことをいいます。1年を24等分してそれぞれの「節気」に分けた「二十四節季」で夏の土用はこの立秋の直前ということになります。

夏の土用の時は「丑」に因んで「うのつく食べ物」を食べると縁起がいいといわれてきました。うなぎだけではなく、梅、牛、馬、ウサギ、など「う」のつくものを昔の人も食べていました。他にも春の土用は、「戌」でしたから「い」のつくものを食べる習わしもあり、いわし、イチゴ、インゲン豆、芋、イカなどが食べられていたといいます。秋は「辰」だから「た」のつくもの、冬は「未」だから「ひ」のつくものです。

この土用は、節分と同じく年間4回あって季節の変わり目の大切な時機でこの時に体調を整えるためにも食べ物や過ごし方に気を付けていきました。現代では栄養豊富な食べ物ばかりなのと、空調の完備で人間にばかり合わせているから、体の方や季節の方に合わせるという考え方がなくなってきています。そのため、体も弱体化してきてますし、季節感を味わう五感や感性も鈍ってきているように思います。

昔の人たちは、季節を細かく分けて、その時々に季節に合わせて自分を整えながら四季折々の旬を味わい、仕合せを噛みしめながら生きてきました。その豊かさは、とても心が繊細で感性の機微が美しく、穏やかな悠久の時を味わい、自然の優美や有難さを感じる機会が多かったのではないかと感じます。

特に日本の伝統的な暮らしのある民家で、静かに満たされてゆったりと四季を味わい滋養をつけるというのは格別なことのように私は思います。

子どもたちが季節のめぐりを味わい安心して暮らしを楽しんでいけるように日々の豊かさを味わう智慧や習わしを伝承していきたいと思います。

観続ける力

昨日は、80年続く伝統の木材所を訪問し神代欅を観てきました。秋田県の河川工事で偶然出てきた神代欅だったことを知り、この木材所でもはじめての取り扱いだったそうです。

こうやって一期一会に奇跡のような出会いによって、一つの建物が組みあがっていきます。建築はまさに、ご縁や出会いから彩られる豊かな人生と同じです。その中で廻り出会ったものたちとカタチどった中で住めるということはとても仕合せなことです。

私たちが家に住むというのは、家を形成してきたご縁に見守られて生きているということでもあります。どのような家をつくるのか、そして家族を形成するのか、それはこの一つ一つの奇跡的で運命的な出会いとご縁によってしか出来上がりませんから心の声に従って素直に謙虚に歩んでいきたいものです。

この製材所は、製材所としての木材の取り扱い種類の多さ世界一の称号を持っています。現地には、巨木がずらりと並んでおり、すでに立派な一枚板になって乾燥させている最中の板が理路整然と置かれていました。

風雨に晒されることによって、保水と乾燥を繰り返し適度な水分量まで絞られていきます。木材は生きものですから、目利きは代表者が行っているそうですが生きものだけに時には材料では使えないものを仕入れることもあるといいます。

所々には、割れている木材や傷んでいるものがあったりします。その使える場所を丁寧に目地を見極め製材にしていく様子はまさに職人芸そのものです。

今回は大工棟梁と一緒に訪問しましたが、大工さんは木を観続けていますから木に精通しており木目やねじれ、状態をつぶさに観察していきます。そしてもっとも建てるものにあったものを探し当てていきます。ここもまた職人芸です。そういう私も、度の木にするのかは理念や道理、ご縁や一期一会のタイミングに合わせて決めていきますからこれもまた職人芸とも言えるものかもしれません。

この神代欅がこの製材所に入ってすぐに色々な人の手に渡る一瞬の期間に、この材料と出会い、人と出会い、時機と出会い、物語に出会う、これもまた観続けるからこそできる芸当であると私は信じているところです。

いのちというものは、その時々を精いっぱい生きています。私たちはあれこれと思い煩うことが増えてきていますが、本来はこの今、ここ、一瞬をよく観て、それが何かという理由や本質を捉えて生きていくもののように思います。それはいのちというものが、そのような感覚のものであるからです。

永い眠りから覚めた神代からの木材がどのようにこれから新しい物語をカフェで展開していくのか、そしてどのようなご縁につながっていくのか。とても楽しみに感じつつ、私も太古の魂と共にこの時代の大きな節目に永い眠りから仲間と共に覚めていこうと思います。