変わらぬ思い

昨日、聴福庵にタマリュウ(玉竜)を植えました。このタマリュウ(玉竜)は「ジャノヒゲ属」に分類され「ジャノヒゲ(蛇の髭)」は別名「リュウノヒゲ(竜の髭)」と呼ばれます。よく間違えられますがタマリュウはリュウノヒゲの中の1品種です。

このタマリュウ(玉竜)は、葉も綺麗ですが花を咲かせ美しい青い実をつけることで知られます。そして古くから縁起のよい植物として重宝されてきたといいます。薬としても知られており、鬚のような根のところどころにある小さなイモのような部分は、麦門冬という生薬となり、強壮、咳止めに効果があるとされています。

また本州以南に自生するユリ科の常緑多年草であり、以前近くの山の中で採取したことがあります。本来は、葉が長いものが多いのですがこのタマリュウは園芸用に葉が短くなるように改良されてきたものです。

松と同様に冬にも枯れずに青々と光る葉が美しいと感じたのかもしれません。また夏の日照りにも強く、繁殖も強いこともあるのでしょう。むかしから日本の先祖たちは、身近に縁起が良いものを置き、その福に肖ることで様々な福を取り入れてきました。

福はもともとはすべて自然の中にあるものでその自然の福が豊かであるようにと願い祈り続けて子孫を繁栄させてきたのかもしれません。禍転じて福にするという諺にあるように、私たちは常に福を意識して心の持ち方や生き方を学び続けていくのかもしれません。

このタマリュウの花言葉は「変わらぬ思い」「深い心」「不変の心」。いつまでも初心を忘れずに子どもたちのために復古起新するぞという決意と共に聴福庵を見守っていきたいと思います。

  1. コメント

    竜の髭が縁起物としての言われを初めて聞きました。そして、日本の暮らしの中には七福神や熊手、招き猫など縁起物が多く、検索してみると他にも多くあることに驚かされます。福々しい暮らしについても今後深めていきたいと思います。

  2. コメント

    「福」というのは、「成功」や「発展」とは違う「豊かさ」であり「価値観」です。先人は、それを「災い」の中にも見つけようとしてきました。そして、「福」に気づいたときに、「その福を惜しみ」「福を独り占めせずにおすそ分けし」「世の中にもお返ししよう」としてきました。この「三福(惜福・分福・植福)の思想」は、「祈り」と「感謝」の上に成り立っているのでしょう。日常の中の「福」に気づける日々でありたいと思います。

  3. コメント

    「リュウノヒゲ」と聞いてもピンときませんでしたが、写真でも植えられた姿をみると感じるものがあります。そして見た目以上に思いが込められていることもまた誇らしい姿に思えます。特別に縁起のよい植物もいいですが、田舎の田園風景の中に身を置くとそれだけで運気が上がるようにも感じられます。日本の風土というものに思いを馳せていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>