あなたの志は何ですか?

今年も無事に萩にある松陰神社に参拝することができました。幼い頃から志を学ぶ師と仰ぎ学び続けてきましたが苦しかった年、辛かった年の後ほど此処に来ると志風によって偉大に応援されている気持ちになります。

自分の頭で考えたことがどれだけあった一年であったか、どれだけ他人との答え合わせに生きるのではなく自分の答えを生きたか。ここに来ると毎回不思議ですが自分自身の人生の主人公として魂を磨ききったかと師に問われている気持ちになります。

きっと吉田松陰にとっては日々歳月の艱難辛苦こそが学問を通して自己を磨き自己を確立する善い機会だと歓喜し道の探求と実践を積み重ねた日々を送っていたように思います。それが生前に遺している言葉の数々からも省みることができます。

計愈々(いよいよ)違(たが)ひて志愈々堅し。天の我れを試むる、我れ亦(また)何をか憂へん。

仮令(たとい)獄中にありとも敵愾(てきがい)の心一日として忘るべからず。苟(いやしく)も敵愾の心忘れざれば、一日も学問の切磋(せっさ)怠るべきに非(あら)ず。

志荘(こころざし そう)ならば安(いず)くんぞ往(ゆ)くとして学を成すべからざらんや。

夫れ重きを以て任と為す者、才を以て恃みと為すに足らず。知を以て恃みと為すに足らず。必ずや志を以て気を率ゐ、黽勉に従ひて而る後可なり。

を立ててもって万事の源となす 。

この「志を持つことをすべての原点」とした吉田松陰の教えは、松下村塾の塾生たちの生き方に多大な影響を与えました。そしてそれは死後もまた、純粋な日本人の魂に語り掛け続けています。

気が充実するというのは、機が充実するということです。これはその機会が満ちるのを待つという状況であり、それまでは気を蓄え機(タイミング)まで力を磨き続けるということです。この「気」こそまさに志から発するものであり、気力の充実は志力の充実でもあります。志が結実するとき、まさにそれが時機でありその時期に応じている結晶が結果として顕現します。

すべての機会を自分を磨くためにあるとする生き方は、今のような人生とはあまり関係のない歪んだ学問がひろまっている時代にはとても大切な指針になるように思えます。学問は他人のためではなく、自分のためであるといったのは孔子の時代からあったことですから今さらどうこう言っても仕方がなく、指針として生き方を学び直すしかありません。

志とは、刀と砥石の関係であり魂は志があってはじめて磨かれるのです。

最後に今年のテーマに近い言葉に出会いました。どの時代においても変化に適応していくことは学問の要です。

「天下に機あり、務(む)あり。機を知らざれば務を知ること能(あた)わず。時務(時務)を知らざるは俊傑(しゅんけつ)に非(あら)ず。」

意訳ですがこの世には必ず機があり、それを待つ実践というものがある。いくら能力が高く優れていたとしてもその幾に当たらなければ決して何もできはしない。その場その場に集中し、今を適切に応じて実践していくことなしには天与の才徳を持っているとは言えないのである。と。
つまりは本来の天才は、日々の実践を知るものこそが機を活かすことができるということです。目標が達しないからと腐るのではなく、まだまだ志が低く徳が薄いのだと精進するものこそが天与の才徳を活かすのでしょう。
過去や未来を思い憂い、今から離れようとする時こそ「あなたの志は何ですか?」という言葉を三省して自己を磨き続けていきたいと思います。子どもたちに譲り遺していきたい生き方を自らの道を歩むことを以て伝承していきたいと思います。
  1. コメント

    毎年、箱根駅伝をつい観入ってしまいます。走っているその姿は美しく、中学高校と長距離をしていた一人としては、ただ走っているだけとは見えません。走る姿が人に勇気や元気を与え、応援が応援を呼び、人のために己を尽くす大切さを伝道しているようにさえ感じます。何か打ち込んでいる時に、周りから見たらただ、何かしているだけにしか見えないかもしれませんが、厭わず打ち込むことも大切にしていきたいと思います。

  2. コメント

    「志を立てて以て万事の源と為す」この松陰先生の言葉に、すべてが集約されているでしょう。結局、うまくいかないときは、「志」に戻る必要があるということです。同時に「志そのものを見直せ」ということでもあるでしょう。それは「志とは何か?!」ということを問い直すことでもあります。「万事の源と為す」この言葉を、もう少し深く、そして具体的に理解しておきたいと思います。

  3. コメント

    昨年の一年を振り返ってみても、いただいた御縁や機会を志から照らしてみるかみないかで物事の見え方や受け取り方は大きく変わるように感じられます。また、必要のないことなど一切起きていないのが人生だとすれば、不要と思えたものにこそ自分を正すべきところが見えてくるのかもしれません。純粋な心の声を聴き、素直に物事に臨んでいきたいと思います。

  4. コメント

    明けましておめでとうございます。年初に、志を振り返る呼びかけをありがとうございます。志は、貝を磨いてもらうこと」理由は、貝を磨いた子どもたち、皆さんの「わあぁ♪」っとなるビフォーアフター姿を見るのが自分にとって、やっぱり1番うれしいことだからです。たとえますと、映画ショーシャンクの空の主人公の機転で看守が仲間にビールを振る舞うときの静かな笑顔の気持ちです。

    今年も、自分にできるうれしい楽しい体験を通し、出逢えたみなさんのうれしいことつなぎ、笑顔増やしに貢献していけたら思います。今年もどうぞ、よろしくお願いいたします(^_^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>