法理法則の宇宙

生きているとよく法理や法則だと私たちが思うものがあります。

元々私たちは宇宙自然の一部として生きているのですから、法則や法理というものは気づかずともその中に自分たちもいるということになります。

当たり前すぎて気づかないものですが、どの生きものにもその法則や法理を活用して生きています。植物であっても昆虫であっても、動物もまた星々の循環に至るまで不思議な力を得ては生きているとも言えるのです。

そういうものを自然の中にいれば自然に理解していても、自然から離れていけば何が自然かが分からず自分たちの社会で創った常識を法理や法則などと間違えてしまうことがあるのです。

人間の持つ価値観というものは、その与えられる環境の中で勝手に真実だと勘違いしてしまいます。例えば、私たちの生活する場所や育成された環境、その他の出来事や身近な人間の影響を受けて価値観も決まってしまうのです。

その価値観の中でいくら真実だと思い込んでいても、本来の真実というものはそことは別のところにあるのです。こういうものを実感できる力、直観により大局を掴むことが本来の法理や法則というものなのです。

ではなぜこれが分からないのかといえば、それは生き方にあります。人生というものは目的があってはじめて成り立つものです。その目的に向き合ったことがある人は、生き方というものを考え抜いて覚悟を定めていきます。

よく臨死体験をした人が、法理や法則に目覚めて人生を激変することもそれに似ていてそこで目的を見つめ直すからです。もし自分が明日死ぬとしたらどうするかとすれば、当然今というものにいのちを懸けていくものです。

いのちを懸けるものがあるということもまた法理法則の入り口です。本気かどうかというものも宇宙自然の一部であるからです。この「自分の価値観に左右されないところを持つ」ことで法理法則を深めてみてもいいと思います。

つまり入口はどこからでもよく、価値観以外の真実を直観したのならそれを一生大事にしそれを直向に究めていけばいいように思います。

私には法理法則の「自他一体、自他一如」だけでも十分他の法理法則が観える状態が直観で維持できます。法理法則はまるで空気のように形がないものだから、それを無意識に実感するほどにこちらが生き方を見つめていないと観えないのかもしれません。

日々はかけがえないものだからこそ、二度とない今に集中したいと思います。かんながらの道の御蔭で今との出会いと感謝によって、気づきは次第に清々しく澄まされていきます。

法理法則の宇宙を旅していきたいと思います。

  1. コメント

    今までの人生で法理法則というものを意識したことがなかったため、今回考える機会をいただきました。私には覚悟を決めた生き方がありますが、それが法理法則に則ったものかどうかはよく理解できていません。ですが、様々な体験の中でしっくりと胸に感じ取ったものを大切にしてきた結果が、今の私の信念となっています。法理法則、教わることで観えるものではないと思いますので、より実践を大事にして生きて、実感していきたいと思います。

  2. コメント

    偉人と呼ばれる方々は、大宇宙の法則、真理をその生き様なかで体現して見せてくれているのだと思います。これまで、問題にぶつかる度に、尊敬する偉人の方々の生き様とその拠り所としてきたものを探究し、自分の人生観、人間観を高めてきましたが、まだまだ、大宇宙の意志というものと調和できていない自分を痛感しています。結局は、自分の生き方の中で体得するしかありません。実践の山を一歩一歩登るのみです。

  3. コメント

    相手に関心が向いていると自然と振り返って頂き、これまで人は人と認めているつもりがただ関心がなく過ごしていたのかもしれません。自分の要求を突き付けるより前に、相手がどうしたいのか、何をしたいと思っているのかそこに自分自身が入っていく生き方に変えなければ、いつまでもこれまでのままなのだと感じています。これまでのことに気づけたことに感謝し、気づいた分一つひとつ行動としていきたいと思います。

  4. コメント

    法理法則を思うと、今朝のみみず探しも、まだまだ自然の法則が分かっていないと感じますが、その探究に面白みとワクワクを感じます。五感を澄ましてその法則を掴み取ろうとする取り組み自体が自分自身を澄ませていくように感じます。見つけられない理由は必ず自分の中にあるので、この答えを探求していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です