覚悟

先日、テレビで貧乏から脱出するために流行っていないラーメン屋を流行っているラーメン屋の達人と店長たちが指導していく番組があった。全体的にはドキュメンタリーのようになっていて、指導していく中で貧乏脱出の合格ラインを設定しそこまで見守っていくような感じであった。

不思議なことにいつも思うのだけれど、本来貧乏でうまくいかない人というのは自分のことをあまりよく分かっていない人が多い。その理由に洞察すると、自分が困っているのに自分が何とかしようとはしないというところに共通点がある。

本来、今の自分の生き方を変えなければいつまでも変わらないということの其処へは一向に気づこうとはせず、いつも自分自身がそこの決断をしなくていいように逃げ道を用意しているから自堕落な生活に流されていくのであろうとも私は思う。

私も相談の中でよく感じるのが、変えたいとは言うものの本当は変わりたいとは思っていないのではないかと感じることが多いのもこの「生き方や在り方を変えるのか」という部分である。

勿論、色々な理由で過去に大変なこともあったのだろうけれど今は自分が変わりたいと言っているのに、できないから誰かに変えてもらいたいというのはあまりにも調子の良い話ではないかと思う。

自分がダメなのはできるできないや周りの環境のせいではなく、どうせ自分はそういう人間だからと決めつけ、流されている方が決めなくていい分居心地が良いからではないか、それを自分が選択したからではないか。

自分が生きていく中で、どのように生きようかと決めるというのは自分で選択していくものである。例えば、嘘はつきたくないや、約束は守れる人間になる、二枚舌は使わないや短気で荒っぽくはしない、あんな生き方はしないと決め、自分が悪人といわれる人間になりたいのであればそれでもいいし、自分が善人といわれる人間になりたいのであればそれでいい、しかしどのようにありたいかどのように生きるのかは当然、自分で決めてくれなければ誰にもそれはどうにもできはしないものだと私は思う。

そういう自分自身でやることは避けていつまでも心で覚悟を決めず優柔不断にただ流されていたら、その機会をも失い、いつまでも変わらない生き方のまま人生を歩んでいくのであろうとも思う。

迷惑をかけてと言っているものの、それでも覚悟を決めないのは周囲への単なる甘えであると思う。甘えたいから変わりたくないというのは、甘えられなくなれば変われるということになる。

そういう人は、きっと変わりたいかと聞けばすぐに自分は変わりたいとは言う。しかしその心の中には、変わりたいから誰か変えてくださいというように自分では最期まで覚悟を定めないところで逃げ道をもらおうと躍起になっていることが多い。

そういう日々で自分を常に偽っていればもう素直とは何かも自覚することができなくなるのであろうとも思う。そういう心のありかたでいつの日か幸せを掴むことはできるのだろうか?

人生には大切な節目というものがある、その節目節目にどのような決心をするかで人の人生は大きく左右されるもの。その時に、自分が選んだ生き方こそがこの今を創りあげているし、それをしてきたからこそこの今を大切にしていくことができるもの。

正直で素直であるとは、自分がどのように生きるのか、どのようにありたいかを決めてそれに従い覚悟を定め行動することである。

そういう人でなければ真の意味での協力は得られないし、畏敬の念を持って謙虚に人との真心の通じた関係を構築して心の平安や幸福を分かち合うことはできない。

どんな理由があったにせよ、自分の周りに自分を信じてくれている人たちが必ず一人以上はいるものだ。だからこそ、その人たちのためにも覚悟を決め自分の人生を生きてほしいと思う。

いつの日か自分の人生を変えることができたら同じように大変な人の節目に寄り添い、見守り、自分がされたように相手にしてほしいと思う。それはそのことで今の自分の人生が納得の上で充実し豊かになったように、同じように相手の未来を信じて厳格さと慈愛さとで同じような心で目の前の人に接してほしいと願う。

人生で最も大切なことは「どう生きるのか」ということであると私は信じる。

一期一会

  1. コメント

    変わりたいという心は誰もが持つことだと思いますが、誰かや、何か、きっかけに変えてほしいと思うことも多いように思います。私も特に大学生の時に変えてほしいと何かに縋り、依存する日々を過ごしました。しかし、結局依存して待っていても、やりたいことが出来ないので変えてほしいと思うのを辞めた経験があります。純粋に損だなと思いました。やると決めたようにしか足も手も動かないのに、自分をやりたいことの為に変えるということも自分で決めていかなければ、変わることはないのだと素直に気づけた様に思います。そんな中で、今の自分を振り返ると、もっとやりたいことを見つめなければいけないと感じています。もっともっと、やりたいことへの思いを高めて高めて、変わり続けていきたいと思います。

  2. コメント

    自分を卑下することはそれは自分が言う事に満足して、居心地がいいからであり、変われない事に対する言い訳なのかということを思いました。本当に自分を大切にするためにも自分の人生をよくよく良いものに出来るように、自分の襟を正して本当に思うこと、納得していることを遣る事に力を入れていきたいと思います。自分を偽るではなく、本来の自分自身を取り戻すことが出来るように、修正していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>