報恩謝徳

人間は、我が優先されてくると今までの御恩よりも今の自分にとって都合がいいかどうかを考えたりするものです。本来、今の自分があるのは自分の一人のチカラで成り立っているものなどは何もなく、全ては今までの御蔭様の御力添えによって今の自分が成り立っているともいえます。

これは少し考えてみればわかることですが、カラダを与えてくださったご先祖様方。そのご先祖様方を支えてくださった縁者の方々。また育ててくださった父母をはじめ、先生や友人、兄弟などあげていけばキリがありません。

自分の一人のチカラではないものを、わざわざ自分一人が苦労して手に入れたなどと錯覚しては全ての御恩まで私物化していくのです。目の前にあるものや、自分の身の周りにあるものはすべて過去の御縁と御恩の集積です。その偉大な見守りや御蔭様が観えている自分であるならば自我妄執に打ち克っていますが、もしもその御蔭が自分のおかげなどとなっていたり、もしも相手に見返りを求めているのならすでに自我妄執に囚われているともいえます。

このように自分の都合を優先するようになると、その御恩も御蔭も自分の解釈でさも真実のように自分に都合よく捻じ曲げてしまいます。だからこそ、自分が見守られていることに気づいているか、自分が多くの御蔭様のハタラキで存在できていることが観えているか、と自戒しては内省し振り返っていることで本来の御恩や感謝に気づけるように思います。人間には所有欲や支配欲をはじめ様々な欲があります、しかし欲そのものが悪いというわけではなく理念や初心を優先できないことに問題があります。欲があるのは自分を守るためだったり、生きていくためだったりもします、だからこそ理念を設定し理念を優先することで御恩を忘れず感謝も忘れず徳に報いるための実践になっていくように思うのです。

「報恩謝徳」という言葉があります。

これは恩に報い徳に謝すという意味で恩に感謝し報いていこうという真心のことです。自分が今までいただいたその有難い徳の御力添えに対して、いただいてきた全ての恩に対して自分のできる限りのことを返していこうとする心。

この報恩は受けた恩に報いることで報徳ともいうそうです。そして謝徳は受けた恩に対して感謝の気持ちを表すことで謝恩ともいうそうです。どうしても感謝の気持ちから何かをお返ししたいという心の発露が自然に出てくる心境に入っているということです。

本物の謙虚さというものは、報恩謝徳にこそあるように思います。

日々の試練は、理念を優先し如何に自分の都合と折り合いをつけるかの一進一退の真剣勝負でもあります。しかし、日々の実践を通じて感謝という意識の境地に達していくならば自ずから報恩する生き方に転じてくるように思います。私が尊敬する二宮尊徳が実践した「報徳思想」は、この御恩を刻み徳に報いる生き方だったのでしょう。少しずつですが、その深い真心に触れては有難い尊い歩みに御縁を感じます。

今の私にはまだまだとてもその境地にはいけそうにありませんが、日々の実践が何のためにあるのか、理念の御蔭様で振り返りができることにお時間とお役目をいただけた仕合せも感じます。

この「報恩謝徳」を常に自戒にして、これからも精進を続けていきたいと思います。

 

  1. コメント

    「恩返し」という言葉があります。与えていただいた施し等を、もらいっぱなしではなく、きちんとお返しをするという思想です。しかし、現実には、「感謝」はするが、「恩を忘れてしまっている」というケースが多く見られます。受けた恩は、なかなか与えていただいた人には返せませんが、せめて、これからの人生が、これまでの「恩返し」になるような生き方をしたいと思います。

  2. コメント

    「報恩謝徳」。漢字で表すと四文字ですがそこに込められた想いは深く、それを四字で表現し伝えられる凄さを感じます。ただ、その意味を自分はしっかり受け取れているだろうかと思うと、これまでしてきた行動の分だけなのだと感じています。徳報酬の実践もクルーがいるからこそできる実践と思うと、すでにお互い必要とし合っていることを感じます。この実践を通して体感しながら意味を味わっていきたいと思います。

  3. コメント

    今朝の朝練は昨日の夜練のおかげもあってか、仲間とその場を一緒に走っているような不思議な感覚がありました。疲れが出始め今日はこれぐらいかなと思った時に、「まだ、もう一周踏み出そう!」と思えるのも、その感覚があったからのように思えます。社会人なりたての頃にやっていた朝ランの習慣が、まさか今になって再び行うことになるとは思ってもみませんでしたが、こうして変化の中にいられるのも、共に挑戦し合える仲間がいるからなのだと、走りながらしみじみその有難さを感じました。頂いているものを留めず広く公に返していければと思います。

  4. コメント

    我なのか、志なのか、頭では分からなくなる瞬間がありますが、そういう時ほど、心や魂がどのように震えているかをみてみると、確かに分かるのを体験しました。心はお陰様を忘れると興奮の震えを強く感じますが、感謝やお陰様を感じていると暖かく、祖先や地球と繋がるような、感覚を得ます。頭にばかり聴かず、心に問いかけて行きたいと思います。

藤堂 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です