導入園インタビュー
ホーム>利用者の声 かき道ピノキオ保育園

かき道ピノキオ保育園 今まで手書きでやっていたときはそれだけでかなりの時間をとられて…

かき道ピノキオ保育園のホームページへ
なぜ今までのものからこれに変えたのですか?
これまでの児童票は個人の発達を把握する為の資料としては満足できるものではありませんでした。中身の部分を言えば具体性が無く雰囲気だけの把握になっていました。又保育の中身を活かせる資料としても不十分と感じていました。改めて具体性を持って的確にかかれていないと駄目だと気づいたからです。

導入するとき、何に悩みましたか?
パソコンと聞いただけで困惑する先生のことを考えると心配でした。入力においての手間などの部分も気になりましたね。

それでも導入したのはどうしてですか?
やはり必要性を感じたからです。いいと思った以上やってみないと始まりませんから。先ずは保育指針の原点に戻ることにより先生方の質を向上したいと思いました。又上記でパソコンの問題を考えましたが逆に先生方がひとりひとりの発達を見ていくことで責任を持ってくれると思いました。

どういうふうに活用していますか?
発達をチェックすることにより、ひとりひとりの次のねらいと内容がしっかりと把握できるようになりましたのでコーナーを作る際にもどうしてこのコーナーなのかという目的がしっかりしてきました。又先生方は一度現場に入ると保育指針などを読み返す時間はほとんどありません。この部分でもチェックをすることで常に初心に戻り保育計画をしっかりと立てていけます。

先生や保護者の反応はどうでした?
先生方のことを考えると心配な部分はありましたが、ひとりひとりをしっかりと把握できるので非常にいいといっていますよ。又今まで手書きでやっていたときはそれだけでかなりの時間取られていましたが今はその部分を先生方の話し合いの時間にあてて保育の中身の部分を話す時間が増えました。

今後も続けていきたいですか?
はい、もちろんやって行きたいです。


担当者より一言

私が先日お伺いさせて頂いたときは園舎増築のため工事中でした。定員の増加もあるみたいですが見守る保育にあわせた施設作りを常に考えていらっしゃるようです。以前は幼児を対象に見守る保育を取り組んでいらっしゃったみたいですが今年より本格的に全園児を対象に取り組まれるとの事です。次回訪問が非常に楽しみです。
2005年5月ンタビュアー 白土


お問い合わせ、資料請求はこちらからどうぞ

お問い合わせ 資料請求

このページの一番上へ

copyright