導入園インタビュー
ホーム>利用者の声 るんびに保育園

社会福祉法人 摩耶福祉会 るんびに保育園「見守るほいく」をチェックすることでその子の個性を知ることが出来ます。

るんびに保育園のホームページへ
なぜ今までのものからこれに変えたのですか?
  1. まず感じていたのは私が保育園に職に就いた時に子どもの発達に合わせた保育が出来ていなかったことに疑問を感じました。それまで手をかけすぎて大人が満足するための関わり方になってしまって、子どもが落ちついて遊びや活動が出来ずに、トラブルになってしまっていたのでした。そのために大人が声をあげたり手を出したりすることで抑止するので余計に子どもに悪影響となり、悪循環が続いてしまっているのではないかということを感じていました。保育所保育指針というものが出ていますが指針に沿って保育が出来ていない、と感じていたのです。そこで見守るほいくのソフトと出会い、導入することが決まったのです。

    導入するとき、何に悩みましたか?

    導入する際に、どのようなことに悩みましたか?

  2. はっきり言って不安などは感じませんでした。今、自園に必要なものだと感じていましたから。園にある問題を解決していくことが先決なので。不安に思っていたら導入していなかったですね。操作も簡単なものなのでやらないといけないことなのだと説明して、始めていきました。

    どのように活用していますか?
    最初は先生達も操作に戸惑っていたようですが今は皆、率先してソフトを触っています。朝の朝礼時にも子どもの人数や状況から皆で協力して自分から「今日は○○の時間にPCを使います」と言って使う様にしています。

    出力する書類については特に見守るほいくプラスの個人内差グラフについては保幼小との連携として、町の保健師さんとの連携として活用しています。定期的なチェックに加えて不定期な、例えば個人面談や特に保育計画を立てる際になど気になった時にもチェックをしているのでその時の様子を示すことが出来るので重宝しています。チェックすることでその子の個性を知ることが出来ます。チェック項目については子どもの成長過程を発達順に並んでいるので自分の保育の振り返り、確認も出来ますし、まだチェックが入っていない項目についてもこれからの保育計画、見通しを立てる際の目安など参考にしています。

    先生や保護者の反応はどうでした?
    保護者に説明するという点では課題が多かったです。しかし、見守るほいくプラスではチェック項目が具体的で分かり易いものになっているので今は保護者の方が園にお越しの際に保育士と一緒にチェックして頂いています。そうすることによって園と家庭とお互いの目線を踏まえての話になるので互いに共有でき、理解が深まるのでその後の説明や、見通し計画などの話に以前よりはスムーズに行く様になったのではないでしょうか。

    今後も続けていきたいですか?
    はい。保育士のバイブルとして使用していますので。


担当者より一言

ギビングツリーの会員様であり、彗星の如く登場し、あっと言う間に知れ渡った楢崎先生。セミナーなどにもよく参加され、メーリングリストにもよく登場して頂いたりとご存知の方も多いのではないでしょうか。園内においても一度問題が起きたとしてもそれを課題とし、情報公開しながらも職員一同で団結して向き合う姿勢には私自身、学ばされます。先生方の発達を意識した会話などお聞きするととても頼もしく感じますのでこれからもお互いに深め合っていきたいですね。



お問い合わせ、資料請求はこちらからどうぞ

お問い合わせ 資料請求

このページの一番上へ

copyright