導入園インタビュー
ホーム>利用者の声 天神保育園

天神保育園「個々の発達課題や保育目標が見えてきて、どう取り組んでいくのかを保育士も考えるように。」

天神保育園のホームページへ
なぜ今までのものからこれに変えたのですか?
  1. 今までの手書きの保育書類はその保育士個人の保育経験や体験から先生一人ひとりの主観的な保育観に任せて記入、作成されていました。
    それは保育士とその子だけの関係性だけの記録になりがちで、他の保育士にはわかりづらい客観性の乏しい記録内容でした。見守るほいくソフト導入することで関っている保育士だけではなく、保育士全員がその子について発達段階や発達課題を理解することができ、それは園全体としても子ども一人ひとりの発達状況や発達課題、子どもとの関り方に一貫性を持った保育計画、保育実践を実現することになると同時に保育書類作成などの業務省力にも繋がらないかと思い導入を決めました。

    導入するとき、何に悩みましたか?
    実際、保育現場にパソコンを活用するということは今まで考えたことがありませんでした。
    特に心配したのがパソコンに一度も触れたことがない年代の先生方にとってはソフトの良さに気付く前に不慣れなパソコンを受け入れてくれるのか不安だらけでした。

    どのように活用していますか?
    全ての先生が共通理解を図りながら発達記録を付けることにより、客観的に子どもの姿を見ることができること。子どもの姿を大人の主観や年齢で見るのではなく、発達の連続性や順序性から子どもの姿を見るという高い意識の視点を持つことでより子どもの発達に必要な声がけや保育計画や保育環境の見直しに活かしたかった。

    先生や保護者の反応はどうでした?
    発達記録後、個々の発達課題や保育目標が見えてきたこと、その課題を保育の中でどう取り組んでいくのかを保育士も積極的に今より考え始め、保育士同士での自発的な話し合いが多くなり、職員会議では発達に対する話し合いの内容が深くなりました。

    現状は保護者への十分な説明に至っていませんので、園としてもこれからの課題だと感じます。
    保育現場では今までこんなに保育所保育指針を読んだことがなかったとの保育士の声が大きいです。そして指針の表現が非常に曖昧であるため、その部分は自園の保育理念から解釈をして、独自の保育実践を進めて保護者にも伝えていきたいと思っています。


    今後も続けていきたいですか?
    保護者の方々へ自園で取り組んでいる「見守るほいく」について園児一人ひとりの発達課題に合わせた専門的な保育であることを伝えていきたいこと、職員会議などでの専門的で共通理解の図られた資料として活用し、もっと子どもを見る目と保育内容を専門性のある客観的な仕組みとして活用していきたいと思います。




お問い合わせ、資料請求はこちらからどうぞ

お問い合わせ 資料請求

このページの一番上へ

copyright