導入園インタビュー
ホーム>利用者の声 つのぶえ保育園

千葉県 社会福祉法人 共励福祉会 つのぶえ保育園「ソフトを通じて客観性が生まれ、発達への共通理解や見通しが持てるようになりつつあるように感じます。」
なぜ今までの仕組みから見守るほいくソフトに変えられたのですか?

つのぶえ保育園のホームページ
  1. 以前は保育士の目線が子どもの動作を気にして、子どもが動作を起す
    内面の動機を読み取ることが難しい時期があり、子どもとの関わりや保育士の保育観などに疑問を感じていました。

    また、日頃の保育、子どもへのアプローチを振り返るためにも各自で保育記録を作成していましたが、記録内容に保育士一人ひとりの思いが主観として強く反映され、職員同士で子どもの育ちを客観的に共有することが難しい状況でした。

    子ども一人ひとりを理解する上で、見守るほいくソフトでは子どもの発達を保育指針5つの領域別に発達を順序性や段階を踏まえた発達項目が用意されており、子どもの育ちに保育士が見通しを持ちながら、現状の発達理解に客観性を持つことができるのでは。日々の保育の中で見守るほいくソフトと向き合うことで、保育士自身が目の前の子どもの育ちや自分の保育観などに「なぜ」と疑問を持ち、立ち止まって自分の保育を振り返り、保育観を探求していけるようになるのではと考えました。


    導入する際にどのようなことに悩みましたか?
    そうは言っても現状は日々の保育が忙しい中で、まだ保育士達がこのソフトの必要性や価値を見いだせないまま、ソフトの活用が保育士の負担になるのではないか悩みました。


    それでも導入されたのはどうしてですか?
    ある程度時間がかかるのはしょうがない。子どもの立場になって考えることが中々難しい状況で子どもを知ろうとする意識を持つこと、自分の保育を客観視すること、自らの保育観を自らで疑い、自ら気づきを得られるような現場を目指したいと思いました。。


    貴園ではどのようにソフトを活用していますか?
    特に細かくは決めてはいませんが、1年を3学期に分け、定期的な発達記録を行っています。

    また個々の経過記録票を抽出して、職員会議などで担任同士が客観的に発達を振り返りながらケース会議の資料として活用している姿を見ます。

    今までのケース会議はどうしても漠然としていて具体性が薄かったように感じていましたが、ソフトを通じて客観性が生まれ、発達への共通理解や見通しが持てるようになりつつあるように感じます。


    このソフトを導入して先生がどう変わりましたか?
    日々の自分の保育観を振り返り、客観的な視点を持って検証することの大切さに気づいているようです。子どもから見れば1年目であってもベテランでも皆、先生であること。

    園にいるときだけでなく24時間保育士としての自覚を忘れないよう、保育士としての職責、誇り、使命感を持ってこれからも子どもと関わってほしいと思います。


    見守るほいくプラスについてはどのように活用していますか?
    保育士が自分の主観で判断するしかなかったことが、子どもの内面にある発達の偏りがグラフ化されることで、客観的な判断材料の一つとして子どもの育ちを職員間で共有しやすくなり、今後の見立てや配慮事項なども進めやすくなりました。

    今後はどのように活用していきたいですか?
    保育士一人ひとりがソフトとの主体的な関わりや保育への創意工夫が発揮され、保育を作業として行事の準備や日々の段取りではなく、保育士の前に一人の先に生きる大人として、子どもへの身近なモデルになれるようにと思います。

    保育年数や経験の違いや偏りのある子など前向きに向き合い、互いの違いを豊かに認め合える豊かな保育現場になれるようソフトを通じ、これからも保育の共通理解を深めていきたいと思います。





お問い合わせ、資料請求はこちらからどうぞ

お問い合わせ 資料請求

このページの一番上へ

copyright