参画協働意識

昨日は2か所のミュンヘン市内の保育園と幼稚園を視察しました。その1カ所は文化財になっている130年くらい前の古民家を改修して利用している保育園。もう1か所は、オープン保育や小さな科学者といった教材やノウハウの認定を受けた幼稚園です。

久しぶりに訪問して興味深かったのは少し前まではクラスという概念の中で各クラスの部屋の中にコーナーやゾーンが存在していましたが今回はすでにクラスがそのままコーナーやゾーンになっていました。つまり園の中にクラスが分かれているのではなく、園そのものがクラスという概念になっている感じです。

これは個々の子どもの発達や個性を大人たち職員みんなで見守るという仕組みであり、これはミマモリングソフトでよく言う、全体から個ではなく、個から全体を観ていくという仕組みと同じ方法です。このようにミュンヘンの陶冶プログラム(日本でいう保育指針や教育要領)の理念に沿って発展を続けていました。

ミュンヘンでは昨日書いた「参画」をどのように見守り育てていくか、それが保育に反映されています。以前、私もこのブログで紹介しましたが参画協働は一人ひとりがよりよい人生を成熟させ、社會の中で主体性を発揮していくためにも絶対的に必要な力の一つです。

そもそも参画とは協働することです。

人間が社會の中でそれぞれの持ち味を活かし協働するためには、単なる参加ではなく最初から参画している必要があります。言われたからやるではなく、指示だからやるでもなく、自分に関係があるからやるでもない。

自分が所属しているすべての世界において、自ら考えて自ら行動することが協働することです。協働というのは、日本では誰かと同じことをすることだったり、全体のために自分を使うことだったりという認識を持っている人が多くいます。

しかし全体のためにといっても、参画は全体快適のことであり、協働というのは一緒に物事を自他を分けずに一体になって取り組んでいくことを言うのです。

資本主義や歪んだ個人主義の刷り込みは、人々のつながりをバラバラにしていくことが無意識行われていくものもあります。いろいろな縁が結ばれながら社會は大きな生命体として発展していくのですが、その社會に責任を持とうとせずに自分さえよければいいという考えを持ってしまえば、世界はもっとバラバラになります。

現在の世界情勢をみてみても、保護主義を中心にそれぞれが自分のことばかりを自国のことばかりの利益を叫ぶようになりました。本来、人類は今まで何を大切にしてきて生き残ることができてきたか。

教育は社會そのものに通じていますから、すべての教育に関わる人たちはこのことを真剣に考える必要があると私は思います。

参画や協働は、日々の働き方の中に出てきます。単に仕事をするのか、それとも働くのか。人生でいえば、ただ学校に行くのか、それとも自分の人生を生きるのか。

自分の足で歩んでいく力をつけるためにも、参画協働の仕組みはこれまでの刷り込みを取り払う重要な鍵です。引き続き、ドイツ視察を通して参画協働の試行錯誤を洞察し社業でも活かしたいと思います。

 

 

  1. コメント

    ものを分けてしまうと、別々ものになります。自他を分けると、別々の人になります。そして、仕事を分けると、別々の仕事になります。そのような別々のものをひとつにしようとすると、「手伝う」とか「助ける」という意識になり、「主体性」がなくなります。やはり、「主体性」を発揮するには、「分けない」というか「別れる前の状態」から始めないといけないのでしょう。

  2. コメント

    以前、ドイツ研修でミュンヘンを訪れた際にも同じように「ここは100年ほど前の建物を今は保育園として使っています」と説明を受けました。今、改めて古民家に携わるようになり、その意義を感じ、建物は第二の教師である、ということもドイツで教わりました。コーナーやゾーン、クラスも建物全体で見守り、子どもたちが主体的になれるよう引き出しているのだと感じます。第二の教師ということが以前より深まり、そして自分自身の働きを今日もまた初心から振り返り、明日へと活かしていきたいと思います。

  3. コメント

    ある組織では参画しているとか、この分野では協働しているとか、本来は部分で分けてみることが出来ないものであることを感じます。全体というものの意識が、どれだけ全体になっているか、その視野を広げ意識を高めてくれるのも相手があり周囲があるからこそなのだと思います。そもそもの生き方の方でお互いの異なりから学び合い活かし合うことを大事にしていきたいと思います。

  4. コメント

    参加と参画の違いは自分ごととして考えているか、人ごとなのか、言われたらやるのか、言われずともやるのか。行動が全く変わってくるのだと感じますが、その源となる自分自身を創り出してきたのは自分自身の持つ習慣なのかもしれませんが、異年齢のように人に助けられたり、人を助ける環境がある中で育まれるものはとても大きいように感じます。人と人との異なりを活かしあう集団というものを突き詰めていけたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>