使命と役割

世界にはそれぞれに伝統というものがあります。その伝統は1年や2年で練り上げてきやものではなく、何千年、もしくは何百年も前から代々に受け継がれて今に至るものです。

目には決して観えなくても、それを継いできた人たちによってその伝統は守られ今につながっています。その伝統の継ぎ方は、伝統技術という形で伝統精神を守っていたりもします。伝統の精神を守るということは、精神文化を持っているということでもあります。

つまりその人の生き方の中に、伝統と文化、そして精神(霊性)のようなものが宿っているという考え方です。

その精神や霊性を磨いていくうちに、自分の中にある伝統や文化が磨かれその時代の人たちに受け継がれまた次世代へと譲り渡していくように思うのです。

人間は、最初の動機や初心をいつまでもどこまでも守り続けて自らの霊性を高め磨いていくことが使命として存在しているということだと私は思います。

その精神や霊性は、自らの意識の中にあるものです。

これは誰かに教わったわけではなく、誰かに与えてもらったわけでもありません。つまり最初から備わっているものです。最初から備わっているというのは、生まれながらに持っているということです。

この自然の中に存在しているように、最初から太陽や月やその他の自然は存在しています。同様に、私たちの存在もまた最初から存在しています。そして繰り返し循環していく中で、私たちはほかのいのちたちと同様に自らの使命を全うしていきます。

そしてそれは最初からあったものです。最初からあったものをどのように磨き直すか、もって生まれたものに気づきそれをどう高めていくか。ここに伝統や文化の価値がつながっているように思うのです。

世界には多様な文化や伝統がありますが、それが混ざり合って新しいものが生み出されています。お互いにもって生まれた精神や霊性を高めるために、それを学び合い、磨き合い、高め合う中で人類は本来生まれながらにあった使命に気づきそれを全うすることで自然の役割を果たしていきます。

自然は外側にあるものではなく、自らの内側に存在し、そしてそれは最初から存在しているものという意識になることでその役割にも出会えるように思います。

子どもたちがそれぞれに使命をもって生まれているように、自分にもまた使命があり役割があります。使命と役割と全うできるように、天命に従いすべておまかせしながら歩みを進めていきたいと思います。

  1. コメント

    代々受け継がれる伝統というものは、いい加減な精神や中途半端な努力では引き継げません。そういう意味では、相当な覚悟と、受け継ぐための努力精進というものが必要でしょう。単なる思いつきや、後からの外付け理由ではなく、内に秘めた「確かなもの」を思い出して、自分の使命と役割を全うしていきたいものです。

  2. コメント

    老舗企業と言われる創業何百年という中で、それぞれにその時代を生きて、守り受け継がれてきたものがあり、大変ではなかった時はなかったのではないかと感じます。いきなり、何百年という組織になるわけではないことを思うと、今を積み重ね、大事なものを守っている意識を大事にしていかなければと感じます。

  3. コメント

    歴史というものも逆流することはなく時とともに積み重なっていくものだと思えば、それもまた自然と言えるのかもしれませ。横軸の環境を壊していくように縦軸の歴史を操作するというのもまた人間の欲によるものだと感じます。本来の美しいもの善なるものを好む民族性を大事にしていきたいと思います。

  4. コメント

    おはようサン!です。晴れやかな祈念祭り日和になりましたね。お話、楽しみにしています。

    当方は今、八百万の神神さまの依り代として巨木に巻く注連縄につけるふさふさ、様々な種類を持つ全世界的装飾文化「タッセル(ふさふさ)」、子を想う母の愛情から始まったネクタイ文化、母なる海からの贈りもの装飾文化を融合させたタッセルタイづくりに挑んでいます。一進一退です(^^;)が、同じ場所にいながらも波打ち際の貝のようにキラキラになって拾ってもらえるようになることを信じ、励み続けていきたいと思っています。日々色々とありますが、貝で世界のひとつなぎ旅。ワンユニバース。次代に投げていきますね。皆さんのご活躍、つづりを刺激に。励みにさせてもらっています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>