戦いを省く意味

中国の孫武によって書かれたと言われる「孫子」という有名な兵法書があります。特に有名な原文に「戦わずして勝つ」というものがあります。

具体的には「百戦百勝は、善の善なる者に非るなり。戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる者なり。」とあります。これは百回戦って、百回勝利を収めたとしても、それは最善の策ではない。実際に戦わずに、敵を屈服させるのが最善の策であるといいます。

戦略とは、文字通り戦いを略すとあります。戦わなくてもいいのならば、戦わないようにするのがもっとも最善な戦略という意味に解釈します。

そもそも自然界には天敵というものがあります。蛇とカエルだったり、フクロウとネズミだったり、他にも作物に対する病害虫、病原菌なども天敵になります。つまりは通常なら敵わない相手があるということです。人間の天敵は誰かといえば、今はほとんど天敵がいなくなっていますからそれは人間自身ということになります。

人間の欲望であったり、人間のごう慢さであったり、人間の持つ自意識など自分に克てるかどうかは数千年の歴史の中で私たちが向き合ってきたものです。戦争が起きるたびに私たちは繰り返し悲惨な体験をしその都度、学び直して人間の中にある天敵と戦わないでいい方法を模索してきたともいえます。

先ほどの孫子でいえば、「三十六計逃げるにしかず」とあり常に天敵だと思えば逃げることが何よりも戦いを省くことになりそれが最上なのだという解釈になります。

これは戦うか逃げるかのことを言っているのではなく、如何に「戦わないか」と常に戦争を避けるかという戦において肝心なことを中庸によって語っているように思います。よく競争や戦争など争う中で生きていると、臆病者と呼ばれたり、勇敢だと叫ばれることもありますが、戦いを省略できいのちを守れるのならそれにこしたことはありません。

しかし先ほどの天敵であっても、子どもを守る親が子どもを守るためにいのちがけで立ち向かうこともまた自然界にはある当然の真理でもあります。大切なものを守るということ、それが大前提にあってはじめて先ほどの「戦わずして勝つ」という道理は成り立つように思います。

常に最善を盡して、子どもたちのお手本になるような生き方と実践を積み重ねていきたいと思います。

四季の廻りと志

また田植えの時期が近づいてきました。毎年、この時期に苗を育て本田に植えますがどのような廻りをいただけるのかと思えばいろいろと感じることがあります。

当たり前すぎて見過ごされることが増えましたが、自然には四季があります。そしてその四季は毎年、一年で繰り返されまた同じように生き物たちは生死を繰り返して古い身体を捨て新しい身体にしていきます。

今まで続いているということは、何度も何度も生死を繰り返し種を蒔きその種を育て続けた志が生き続けているということです。

私が取り組む会社のお仕事も自然農もお漬物も古民家甦生もすべては子ども第一義の理念から派生し実践されているものです。これはご縁を通して自分自身の志を維持することであり、先ほどの四季のように廻り繰り返される中で先人たちの心、その志を継いでいるということです。

周りからはなかなか理解されることもなく、おかしなことをやっている変人とか、多趣味な人と思われていますが私は志を継ぎ、志を遂げるためには同じように守ってきた先人から種を受け継ぎ、その種を蒔き、自分の世代でそれを育てていのちを盡し、また同様にその種を育てようとする次の志の人を待っているだけなのです。

そのうち、一人二人と志を継いでくれる人が顕れ私の今回の四季は何時かは閉じる日が来るのでしょう。たとえその閉じる日が来たとしても、その志を継いでくれる人があるのなら四季の中で先人の志や私の志は永遠に生き続けることになります。

ちゃんと次が顕れるのは自分を観ていればすぐに自明します。志は永遠であり、自分の代を恥ずかしくないように四季の廻りの中で一生懸命にいのちを昇華していくのみです。

四季の廻りの中で野性の生き物たちはみな、四季の廻りを繰り返す中で強くたくましく光り輝いていきます。その生き物たちを見習い、私は私のなすべきことをただ真摯に遣り切るだけです。

引き続き、志を優先し事に当たっていきたいと思います。

触感を磨く

手作業や手仕事のよさは、手で触れ触るとことできるということです。辞書には「触れる」という言葉は「手などをそのものに軽くつける。また、何かが身体にふれて、そのものの存在が感覚的にわかる。また(近づいて)かかわりを持つ。関係する」などと書かれます。主に、感覚的に直観する作用と関係を持つ作用でこの触るという言葉は使われまています。字体は角と虫が一緒になってできた文字ですが、この字を観ると私は虫の触覚のことを思い出します。

今でも自然農の畑にいけば、また古民家の坪庭の手入れをしていたら様々な虫に出会います。その虫たちは触覚を持っているものが多く、少し触れるだけで過敏に触覚を感知させそのものの全体を把握し行動しています。

私たちのように耳や目を使わなくても、彼らは触覚によって私たちが用いるそのほかの五感の役目を担っているのです。

この触覚というのは、触れることで気づけます。さらには触れていなくても気配というものを感じるものです。私も自然や木々、石や古い道具などを手で触っているかかより触感が磨かれある程度は手を翳せばその気配感を手で感じることができます。

不思議ですがこの触覚というのは、生まれてから自分を認識するためにも用いられそして世界を認識するのにもとても大切な役目を果たします。生まれてはおしゃぶりから周辺のものを触ることで赤ちゃんは世界を知ります。そして私たちは様々なものに触れ、関係を築くことでつながりのある自然を認識します。

この触覚を磨くというのは、手作業や手入れをする回数を増やし質を高めるということです。またもっとも磨かれるのは、自然物に触れるということです。森にいけば葉っぱ一枚一枚を触ったり、土に触ったり、木に触ってみたりする。さらには水に触り、火に触り、砂を触り、鉄を触る、どれも独特な感触を私たちに与えます。

その独特な感触を通して私たちは真の個性を知り、そのものの性質や特徴を直観するのです。その感覚は、全ての認識に深くかかわっており、ビジネスマンであれば仕事に活かせるし、職人であればものづくりに活かせます。

改めてこの触覚の重要性に気づいてみたら、子どもたちにも触感を磨くためのものを多く譲っていきたいと思います。それはもちろん外にある自然もありますが、先祖や先人たちの遺してきた智慧というものからも磨けます。

かつての古き善き道具たちに触れることで、触覚をさらに磨き直していきたいと思います。

今を磨く

古民家甦生の御蔭で、リメイクすることや一新すること、革新することの本質を学び直しています。道具や建物も、その時代時代に合わせて変化していきます。かつてのものが今の時代にも合うようにするには常に環境に合わせてどのように活かすかと考えていく必要があります。

もったいないと感じる心は、この用い方、磨き方、そして活かし方にかかっているからです。

例えば、昔の道具を見立てるとき、それを今ならどのように見立てられるかと考えます。また昔の道具を仕立てるとき、今ならどのように仕立てられるかを考えます。さらには、どうやれば今の暮らしの中でそれを活かせるかを考えます。こうしていくうちに修繕する価値、一新し革新していく価値、イノベーションの本質が理解できるようになってくるのです。

もともとよく考えてみればわかりますが、数百年前から地球や自然の本質は変わることはありません。植物や昆虫たちは環境の変化はあっても、人間のように知識を蓄えてそれを独自に発展させていくようなものではありませんから同じことを繰り返していきます。

しかし同じことを繰り返す中で、その環境下に「あるものとないもの」が発生してきます。それを何で代替えするか、それを一つ一つ代替えしていく中に進化が生まれます。私たちもまた同様に代替えというのを行います。これはものに限らず、いのちを含め、必ず死を迎え新陳代謝し肉体もまた代替えをします。生き物は、自然に適応していくためにこのように代替えをすることで、その時代時代に合った革新を行っていくのです。

ここに大切な気づきがあります。

代替えとはリセットするということではないということです。英語でいえばどちらかといえばリメイクするという方がしっくりきます。日本語でいえば改善を続けていくという言い方になるのでしょうか。私の言葉だと甦生です。

決して過去が変化できなくてダメだったのではなく、その過去に向き合い今を改善し新しくし、次の時代に譲っていくということです。これが人間が何よりも大切にしなければならないことのように思います。

日々に新たに、日々に新たなりということでしょう。

時間という刷り込みにもっていかれると、過去とか未来とか困惑しますがこの甦生とは今をよりよく生き切るということではじめて磨かれるように私は思います。

引き続き、今を磨きつつ新たな境地に入っていきたいと思います。

価値観の転換、生き方の転換

人間の価値観というのはなかなか変わらないものです。今までどのような価値観でその人が生きてきたか、それを生き方とも言います。その生き方を転換することで価値観は変わりますが、生き方の転換はそう簡単なことではありません。

長い年月をかけて、同じ価値観でずっと生きてきたらその習慣が身体に沁み付いてしまいます。新しい価値観が習慣になるには、それまでの考え方を新しい習慣によって上書きして刷新していく必要があります。

またこの価値観は、周囲の環境によって知らず知らずに刷り込まれていくものです。もしくははじめて見たものを常識であると信じ込むものです。人間は、本質や本当に何かということを考え抜かないでもほとんどが反射的に動いて問題が起きないように習得していきます。幼いころからの教育や繰り返しの動作によって、考えなくても動けるようになるからです。

しかし何も疑問に思わずに生きていると、自分の見ている世界の方が揺るがなくなり本来の自然の変化の方を自分の価値観で変えてしまおうとするものです。人間社會というのは、誰かの創り上げた価値観に従ってみんなそれに順応して生きています。海外に出ればそれぞれの国の価値観があり、そこに生活する人たちはその価値観であることが当たり前になっているようにです。

今までのやり方や価値観では合わないと気づいたら、人間は自分を変えようとします。その変えようとするとき、新しい場所に行くこともまた変わることでもありますが本来は価値観の転換は生き方の転換だからこそどのような場所であっても自分自身が生き方を換えようと決意しないと変化することはないように私は思います。

今までの自分の価値観ではない新しい価値観に触れ、その価値観の方が素晴らしいと実感し素直にそうありたいと願うのなら自分の生き方の転換のための努力や精進が必要になります。

生き方を換えるというのは、それまでの自分の癖を捨てていくことです。癖に負けてしまえばまた同じことを繰り返してしまいます。自分の癖を見抜いてそれを修正する、それを自分で内省によってできる人もいれば一緒に歩んでくれるコーチや見守る人によってできる人もいます。

大事なのはまず自分の生き方を換えようと心から決意することが全てのスタートです。

引き続き、子ども第一義の生き方を通してコンサルティングを深めて弘めて同志と共に道を歩み続けていきたいと思います。

自分を知る

若い頃、自分に自信がなくて他人にどうやったら認められるかばかりを考えていた時期があります。変なことをわざとやったり、無理に目立とうとしたり、普通しないようなことをしては周囲の気を引いて自分は特別なんだと言い張っていました。

強がってみせて周囲に啖呵を切ってみても、一人になるとやってしまったと反省するばかりでその都度、臆病な自分を奮い立たせなんとか前に進んでこれたことばかりでした。おかしなプライドが削れていく日々は思い返せばそのどれもが味わい深い懐かしい思い出です。

人間が成長するというのは、悔しい思いをしたり情けない思いをしたり、時折涙したり、時折励まされたり、そうやって今の自分を受け容れてその体験をバネに自分を育てていきました。

自分を嫌いになったり、自分を好きになったり、その全てが愛おしくなってきて本当の自分に出会えるような気がします。自分らしく生きるというのは、成功も失敗も受け入れてすべての自分を丸ごとそれが自分であると受け止めることができて今の自分に出会い続けるように思います。

そうやって自分を受け容れることができたらこう思うのです。自分ばかりに執着して自己嫌悪や自己否定などをやる前に、こんな自分でも見放さずに支えてくださっている家族、そして仲間、友人、幼馴染、また過去の恩人たち、これから現れる未来の縁者のみなさま、そういう方々が今の私を常に見守り応援してくださっています。

今の自分があるのは、一体誰の御蔭様か。

自分というものを嫌ってばかりいる前に、今の自分が今まで何で形成されてきたかをよくよく省み自覚し、こういう自分のことを真心から大切にしてくださって愛してくださって助けてくださり慈しみ見守ってくださる周囲そのものが「自分」であることに気づくことです。

自分が分からないと悩む前に、自分探しをする前に、今の自分とは本当は何か、自分だけの目線で自分で見るのではなく、今の自分があるのは一体何様の御蔭様かと振り返ることで今の自分を真に愛せるのではないかと私は思います。

実際の現実の世界でも、自分を中心に世界がまわるのではなく、地球がまわっている中に自分があるという真実。地球の周りを太陽がまわっているのではなく、太陽の周りを地球がまわっているという真実。

自分ばかりを優先する前に、視野をひろげ自分というものを周りの御蔭様から成り立っていることを認めることが本当の自分に近づける方法かもしれません。

自分というものを大事にしてくださっている方々のために自分も同様に周囲に貢献したいというのが自然の姿のように思います。自分とは如何に大きな存在であるか、全体の中の自分があることが如何に偉大であるか、それは真心や思いやりで生きるときに感じられるように思います。

自分を盡して他力を引き出すのは、他力によって活かされているのが自分であることを忘れないという実践です。

引き続き、自分というものを受け容れて価値観を転換し、御蔭様の有難さの中に自分を見出してその境地を高めていきたいと思います。

道は続く、歩み続ける

人生には出会いと別れがあります。そして道があります。道は続いていくものだから私たちは道を歩み続けます。道中に仲間ができて一緒に歩めますが、その仲間とずっと一緒に居られるとは限りません。一緒に居られるご縁というのは有難く、それは同じ道を歩み続けられるという奇跡の邂逅です。

私たちの会社の初心伝承ブックのはじめには論語の一文が入っています。

『子日わく、与に共に学ぶべし、未だ与に道に適くべからず。与に道に適くべし、未だ与に立つべからず。与に立つべし、未だ与に権るべからず。』

これは意訳ですが、孔子は言った「共に同じ道理を学ぶことはできても、共にその同じ道理を実践することは簡単にできるものではない。そして共に同じ道理を実践することができても、同じ認識に立つことは更に困難なことである。そしてたとえ認識を共有することはできても、同じ境地で運命を共にすることのできる人物は、滅多に得られるものではない」と。

私も理念を定め初心を歩んでいく中で、多くの出会いと別れがありました。道を歩むというのは、道の中にある本質や理念を深めて自分のものにしていくということでもあります。しかし実践といっても道理のままに実践できる日もあればできない日もあり、日々に実践を継続する中で実践を省みていくなかではじめて習慣となり心身に染み付いてきます。

さらに道理を実践していたとしても、分かった気になっているだけで同じ認識を持てるようになる人はかなり少なく、共に話しをしていても同じ認識で話せる人はなかなか現れません。それは実践からどれだけ本質や道理を掴んだか、それを捉え続けられるかといった本気の覚悟や決心、自己研鑽と自修錬磨が深くかかわっているからです。

そしてたとえ認識が同じ深さまで来たとしても、その境地を会得したままで人生丸ごと運命を共にでき天命に任せるままに一心同体になれる人はほぼいないということです。

私にはまだまだ自分や情が強くあり、どうしても出会い別れが慣れません。本来は道は続いていくものだから、歩み続けるだけで歩まないものを連れてはいけませんし、別の道を往くものを引き留めることもできません。

しかし思えばご縁というものは、一つの道を歩む中でどこまで道中をその人物と一緒に歩めるかということが道の途中でもあります。人生にはどこに往くのかと誰と往くのかもあります。私はどうしても誰と往くのかの方が興味があるようです。そして誰の人生にも必ず死があり、甦生し、また身体を入れ替えて引き続き道を歩める日が来るまで何度も何度も繰り返し出会い別れと共に歩み続けているともいえます。

そう考えてみると道中の複雑な想いや感情の中でも一緒に歩むことができる同志や仲間の存在が如何に奇跡であるか、そうやって道を共有できることが如何に仕合せであるかを実感するのです。

道縁はやはり無窮なのです。

最後に人生の醍醐味は、決して欲望や願望が満たされるときや結果の報酬や他人から認められることで得られないように思います。辛酸を舐め、諦めずに遣り切ったとき自分に誇りと自信を持ちその時々の道中の思い出が深い味わいを与えてくれるように思います。

いつの日か、ある境地を体得してまた出会える日を楽しみに待ちたいものです。その日に向かって私自身、決してご縁に恥じないような道を歩み続けたいと思います。

ありがとうございました。

 

変化する意味

時代の価値観というものは、時の流れに合わせて変化していくものです。例えば、縄文時代の土偶などで表現される美人と江戸時代の浮世絵にかかれる美人、また明治大正のころの美人と現代ではその美の定義もまったく異なっています。同じ土地であったとしても、時代と共に価値観も変化し人間の意識も変化するのでその美人の定義も変わっていきます。

歳を経ていくと感じることですが、自分は変わっていないままでも周りは変化していますから自分を変えていくか、周りが変わらないようにと保持していくか、人間は生き方を選択しているとも言えます。

自分を変えていくというのは、自分の価値観のズレに気づきそれを自ら受け容れて素直に改善していくということです。それは日々を真面目に頑張ることではなく、日々の体験を深く味わい心を優先して楽しんでいくことでできるように思います。

変化とは何かを大きく変えることを変化と思っている人がいますが、実際の変化は自然の緩やかで大きなもののようにじっくりとゆったりと動いていくものです。目に見えてわかりやすい変化は、急なスピードで下っていく滑り台やジェットコースターのような面白さもありますが、本当の変化は変化していることにすら気づかないような自然の壮大な変化のように目には見えにくいものです。

だからこそ日々の実践を大切にし、毎日の小さくて微細な変化を捉えては内省をし少しずつ変化成長させ続けていくことで自然と同様に自分を変化させていくことができます。

自然を感じる心、自然を味わう心、自然と共に暮らしていく中で私たちの先祖は変化し続ける智慧を維持してきました。自然と一体になり共生する仕組みは、自分自身の心をいつまでも純粋に保ち、心の穢れを洗い清め、常に初心で新しいままで居続け変化そのものになり已まない生き方だったのでしょう。

心を失い、心を亡くし、心を優先せず、頭ばかりを働かせていたら変化することの意味もまた変わってしまいます。本当の変化に順応していくためにも、常に心を優先して実践と内省を味わう日々を丹精を籠めて一期一会に歩んでいきたいものです。

二度とない一日、二度とない人生、二度とない出会いの日々だからこそ流さず流されず心のままに味わい尽くしていきたいと思います。

歴史伝承の仕組み~神楽~

昨日、郷里の撃鼓神社の春大祭で撃鼓神楽を拝見する機会がありました。この撃鼓神社は聴福庵のある飯塚市幸袋の総鎮守であり、天太玉尊、天児屋根命、細女命の三柱の祭神とし天の岩戸の前で占ったり祝詞をあげたり踊ったりしていた神々が祀られています。

神楽も多数の演目があり、それを宮司をはじめ氏子の方々で伝承されておられました。古い伝えによると、上宮は白旗山中腹にあり下宮が山裾にあって、古くは上宮を鼓打権現、下宮を笛吹権現とよんでいたそうです。この両権現は神功皇后が三韓出兵の際の神楽奉納で、囃子の太鼓、笛を指導した神様だとも言います。

神楽は笛と太鼓の独特なリズムの中で、神職の衣装を着た方々が舞いを奉納していきます。その舞の姿や祝詞も、古代から確かな意味があり継承されているもので感覚的に魂に訴えかけてくるものもあります。

その地域の人々がこの風土で何が起きてきたか、そしてこの風土の中にどのような歴史があったのか、それを唄と踊りによって継承しているものです。どんなに石に文字を刻んでも1000年も持たずに風化してしまうというのに、この神楽は毎年続けることで1000年以上の年月を継承していきます。ここに風化させない仕組みを感じて、先祖の偉大な智慧を実感します。

今では文字が発達し、情報社会ですからデータで保存するのが当たり前です。しかしどんなに優れたハードディスクや紙があってもその情報をそのままに伝承することはできません。時代と共に文字も変われば言葉も変わり、そして価値観も人間も変わるからです。

しかしこの神楽の伝承は、そういうものが変わっても変わらずにその意味の解釈や伝統の継承が行われていきます。歴史を絶やさないという強い意思がここから感じられ、先祖代々が何を大切にしてきたか、何を誇りにしてきたかを感じて魂が揺さぶられます。

民俗の歴史や地域、その担い手により紡がれてきた伝承は洗練された芸能を産みます。日本古来からの固有の文化に触れるのは、親祖の生き方、考え方を学ぶことです。

伝統芸能を通してどのようなはじまりで今の私たちがあるのか、今の私たちまでつながっている文化はどのような発展を遂げてきたのか、その歴史に向き合うことができます。言葉をほとんど用いずに、洗練された踊りや音楽によって理解する伝統の片鱗に触れた気がします。

引き続き、芸能の本質を深めて子どもたちに伝道していきたいと思います。

 

 

日本人の精神が宿るもの

昨日は聴福庵の内装に用いる和紙をつくる伝統職人井上賢治さんの工房にお伺いしてきました。この方は福岡県秋月で130年以上続く老舗和紙製造の4代目になられます。かつては20軒以上あった和紙処も今では井上さんの和紙処のみになったそうです。

井上さんは幼いころから祖父や父の後ろ姿から和紙作りを学び、一時は若い時は家を飛び出して他の仕事に就いてから戻ってこられたそうです。外に出ても結局は紙に関わるお仕事をされていたそうですが父の背中を見て家業を継ぐ覚悟を決めたというお話もいただきました。

手漉きの和紙の工程を丁寧に案内してくださり、私自身も手漉きで和紙を製作する体験をしてきました。

手漉きの和紙をつくる工程をすべて体験して気づいたのですが、大変な工程を手間暇かけてつくられます。やっている最中は何か生きているものを育てるような感覚で一つ一つの工程をまるでお漬物を育てるように手塩にかけて大切に接しています。手漉きの工程では、ひいてはまたおしよせる波のように水を行き来させ美しい砂浜のような紙を漉いていきます。

最初は大変な作業だとしか感じられなかったことも、竹の簾を用い手で丁寧に漉いていく体験をすると心が清く磨かれ、また暖かく豊かな心が醸成されていく気がします。この日本の伝統の和紙には、いのちを扱い、いのちを伸ばそうとする、自然を尊敬して自然を活かし切るという日本人の精神が息づいているように感じました。

伝統的な日本の和紙は、世界一長持ちする紙と言われ奈良の正倉院には1260年前に作られた和紙が当時と変わらず残っているといいます。和紙は木の繊維を残したまま、それを絡み合わせて作るため丈夫さがあり自然素材だけを使うので化学薬品で無理にくっつける必要もなく1000年以上たっても劣化しない。つまり1000年持つというのは、そのものが1000年生き続けるということであり、楮が1000年のいのちのある存在に転換されるといっても過言ではありません。

古民家甦生を通して、最低でも100年、通常なら1000年単位で物事を観るということを感じることが増えてきました。そして家が1000年続くのなら、その暮らしの道具たちもまた1000年の風雪に耐えるものである必要があります。

私たちの先祖は、常に1000年先を見通して1000年生きるものをつくってきたのかもしれません。あっという間に簡単に捨ててゴミになるような安易な工程は何一つ伝統のものづくりの佇まいの中にはありません。

井上さんは「紙漉きとはできあがるまで育てる、人生そのもの」だと仰います。

もう一度、かつての日本人の精神を宿したものを感じて自分たちの民族の誇りや自信を取り戻していきたいと祈るばかりです。子どもたちに譲れるもの、譲るものを間違わず自分の生き方、人生そのものから見直していきたいと思います。